手話へのアプローチ

〜ある1人の健聴者的手話者の考察〜


私の使命は、、、誰もが互いを認め合い、尊重し、分け隔てなく共存できる 社会を作り上げ、世界平和を実現していくことである。

私は使命を果たすために、私の理念を人々に伝えていかなければならない。
しかし、、、私が使命を果たすために授かったこの美声も、 いくら声を大にしても届かない世界があることを知った。

聞こえない人達の世界、、、
それまでも障害者とは身近に付き合ってきた私であったが、 なぜか私の知り合いに聞こえない人はいなかった。
まだ、未知なる世界であった。

彼らを知るためには、彼らに私の言葉を伝えていくためには、 彼らにわかる言葉を持たなければいけない。
そう思ったとき、私の目にとまったもの、 、、、それが手話であった。

こうして私と手話との出会いが始まった。
しかし、始めてみると、この言葉の奥の深さに惹かれ、 この世界の奇妙さに惑わされるばかりである。

ここでは私が関わる手話の世界について、 ごくごく主観的に感じたこと、考えたことなどを 語っていきたい。


EP00:私のスタンス EP01:手話を始めるきっかけ
EP02:手話歌について EP03:ろう教育
EP04:トータルコミュニケーション EP05:逆差別
EP06:通訳じゃなきゃダメ? EP07:手話サークル
EP08:聴覚障害 EP09:要約筆記
  
手話の世界へのリンク
注目のコーナー「たんぽぽ日記裏の裏」へ
  
書きやすいところから書いていってます。
すでにある内容も、ちょこちょこ書き直すことがあります。

トップページに戻る