亀田考

| | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日は亀田次男対世界チャンピオンの試合があって、順当に世界チャンピオンが勝ったことに国民のみなさん?が安堵したり、亀田家に非難を寄せたりで大きなニュースになっているんだけど、そもそもそんな国民のみなさんが気にするようなほどのことだったのだろうか、というのが大きな疑問。
朝青龍の仮病疑惑のときもそうだけど、正直、明日の我々の生活には全然関係ないじゃんってなことをさも重大なニュースのようにとりあげて、それで引っ張っているわけだけど、果たして国民のみなさんはどこまでメディアに踊らされなければならんのかというのが気になってしょうがない。
そんな私も、このニュースにひっかかっているわけではあるけど、でも通常にスポーツとかボクシング見るのが好きで、まぁ変な一家が出てきてちょっと話題になってるって認識な程度で、その人達が多少品が悪かろうが、ビッグマウスだろうが、そんなのはショーの世界ですから今までもいくらでもいたわけで、それをことさらに取り上げたり、負けてしまったら手のひら返して落としてみたり、要するに他に取り上げることがないんだなぁマスゴミはって思ってりゃいいのに、なんかそこに乗っかってテレビ局に苦情を言ったりするのもバカじゃないかと思う。

今でさえバカみたいなコンテンツしかもってないテレビ局が2011年に地上デジタルに移行することに何のメリットとか必然性も感じられないわけだけど、こうしたバカコンテンツに結局乗せられて視聴率が大幅アップしてるようじゃ、まぁ国民の大多数はそれに不便を感じないんだろうなぁと。
今持ってるテレビが勝手な都合で粗大ゴミになっちゃうって、それは非常に社会問題だと思うんだけど、そういうところに目がいかないように仕向けられても結局それで納得しちゃいちゃいそうだなという気がする。

アンチだろうがそうじゃなかろうが、作られたヒールに一喜一憂してちゃうバカさ加減に、そろそろ気がつこうよ。
昨日の試合で亀田次男が投げ技打ってる場面って、『ロッキー4』のドラゴが試合劣勢になってロッキーをかかえあげて投げてる場面とかぶって、なんかホントに劇場的に作られたもん見せられてる気がして「もういいよ」って思ったんですけど、そういう演出だったんじゃないかなぁって思うのは私だけでしょうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 亀田考

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/4

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2007年10月12日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「惰性に絡む理性」です。

次のブログ記事は「テロとの戦いなんて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0