電話

| | コメント(0) | トラックバック(0)
私の携帯電話はほとんどメール端末と言ってよく、イベントをやっている時以外は音声着信をすることがほとんどない。
いや、ほとんどないどころか、1日10回くらいはメールの着信があっても、音声着信に関しては半年に1回くらいという感じだ。
しかも相手はだいたいが親父だったりとか、そんな感じ。だからたまーにどうでもいいときに突如メールではないバイブ(メールだと5回でバイブが切れるが、音声だとずーっとなっている)になったりすると、ドキドキしてしまう。家族に何かおこったんじゃないかとかそういう、不安にかられる。だいたいが、携帯は持っていてもなにげに不意に出ることができる機会というのはそう多くもないので、バイブしてるのを気がつきつつも、運転中とかで出られなかったりすると、何か不幸があったのではないかと思ったりと悪い想像がふくらんでしまう。
それでいて、会社からの電話なんかだったりすると、「明日でいいのにバカ野郎」と思うわけなのだけれど、それでいて異常に安心したりする。
まぁそういうふうに思うのも、親不孝にあんまり連絡取ってないからなのかもしれないが、まぁ便りのないのは良い便りと思ってもらうしかなく、であるからこそ、たまの連絡におののく自分というのも滑稽なのかもしれない。

ちなみに私は「あんまり電話好きじゃない」とか言いながら、一度始めるとなかなか切れなかったりする。嫌いなんだか好きなんだか分からない状態である。前は相手のコードレスフォンの子機の充電が切れるまで話すとか、よくやってたなぁ。
最近は、ホントに電話、しなくなったよ。
なんでだろうねぇ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 電話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2007年10月31日 01:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「赤福って別においしいと思わないけどね」です。

次のブログ記事は「5年前は何をしていましたか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0