自転車はどこを走るべきなのか?

| | コメント(0) | トラックバック(0)
6月に道交法が改正されて、自転車は車道を走行しなければいけなくなった、と勘違いしている人が多いのだが、実際はそうではなく、今までも車道を走行しな ければいけなかったのを歩道を走ってる人が多かったので、歩道を走っていい要件を明確化した、というだけのことなので、特別な要件にあてはまる人以外、そ して「自転車走行可能」になっている歩道以外は、今までもそしてこれからも車道を通らなきゃいけないだけなのである。

では問題。
車道を通る、ということは、自転車が右折する場合、自動車信号に従って、自動車と同じように車道を通ってそのまま自動車と一緒に右折していいのでしょうか?

答え。
いけません。
自動車信号に従う必要はあるのですが、自転車は交差点はすべて二段階右折をしなければいけないので"自動車と一緒に右折"してはいけないのです。
自動車信号に従いつつ二段階右折をするのが正解です。



・・・
というのを私もさっき調べて初めて知りました。
自転車を含む軽車両は原付の特別規定を除いて全部二段階右折が原則のようです。
(道路交通法第34条)

実は今日車で走ってて、ロードバイク(高い自転車ね)が3車線の道路で車と一緒に右折しようとしてるのを見て、「あれは原付でも違反になるのに、自転車はいいのか?」って思ったので調べてみました。
でも原付はしょっちゅう捕まるけど、自転車でそれを取り締まられることってほとんどないように思うんですけど、なんか差別というか理不尽というか。
というか、自転車に関する法律なんて、今回改正されてようやくいろいろなことが法律違反だったんだと知ったことも多いけど、全然取り締まられてないし、そもそもそういういろいろな法律があることを、その改正後も知らない人いっぱいだし。
そういうことでいいんでしょうかね?
っていうか、原付だって車の免許のおまけのように付いてくるけど、実は車と運用が違うじゃんってことがいっぱいあるのに、そういうのほぼ説明し無しで、いざ乗ってたら「それいけません。法律違反なんで減点ね」っていうのは、なんか騙されてる気がするというかなんというか。
なんかそういうのはちゃんと教育して欲しい。
まぁ交通教本ちゃんと読んでない私が悪いっちゃ悪いのかもしれないけれど、少なくとも、右折レーンが車線に含まれるって規定が加えられたから三車線の道路は二段階右折しなきゃいけないとか、そういうのはやっぱり免許更新のときに教本配って「読んでおくように」で済ませるんではなく、例えゴールド免許の人であっても講習しようよ。
そもそもが、自転車ももしかしたら免許が必要なのかもしれないし、車と原付も免許をちゃんと分けた方が良い、と思うのは私だけではないと思うのですが、どうでしょうか。


まぁ法律云々はともかく、少なくとも、原付で二段階右折禁止の標識を交差点の10m手前で出されて、「そこから右折レーンに行けるわけねーじゃねーか!」っていう無茶な規則を作るのは止めて欲しい。
あれは本当に法律に従ってたら絶対事故る。

いや、そもそも、道交法34条、
>3  軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、
>かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

これを読んで「二段階右折しろ」って書いてあるとは言葉が理解できんぞ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自転車はどこを走るべきなのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/30

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2008年7月27日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最新テクノロジーに生き残れない」です。

次のブログ記事は「もう報道スタイルを変えて欲しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0