売れる車を考える前に考えてほしいこと

| | コメント(0) | トラックバック(0)
前から思っているのだが、日本の公道は一般道で最高60km、高速道路でも100kmと速度制限があるはずなのに、なんで160kmとか、180kmとかのスピードメーターがある、というかそんなにスピードの出る車が売られているのか、というのが疑問である。
原付だって最高30kmって速度制限があるにも関わらず、ほとんどの原付に60kmまでスピードメーターがあって、だいたい60kmは出せる。で も30kmでしか走っちゃいけないのに、それって無駄っていうか、そのことそのものが法律違反じゃないのか?ってスピード超過で捕まるたびにも思ったりす るのだが、実際これって製造物責任法とかに問えないものなのだろうか?
まぁ自分で速度超過しちゃう分にはそれこそ「酔っていけないなら酒売るな」という論法と同じでちょっと無理があるような気もするのだが、でも現 実に"安全"とかを視点に考えるなら、例えば一般道では60kmまでしか出ないようにして、高速のゲートくぐったらスイッチが入って100kmまで出せる ようにする。そういうシステムを作ることは、たぶん今の世の中、追突しない車を開発しようなんていたるところにセンサーシステムつけようとしているのだも の、簡単なはずだ。これなら、万が一事故を起こしたとしても、それこそ60kmではねられるのと、100km超ではねられるのとはその事故による被害の度 合いも違うだろうし、高速道だって、160kmで追突すりゃ即死かもしれないが、100kmまでならなんとかなる場合もあるだろう。間違ってアクセル踏み すぎるとか、脳卒中とかで突如意識不明になる人とかもいるわけで、これから高齢化社会でそういう人も増えてきそうだから、そういう場合の事故の軽減にもつ ながる。まして暴走族の暴走行為なんか、これで全滅させられる。
今日は『ガイアの夜明け』で「売れる車を開発するには・・・」とかやっていたが、インドじゃタタ自動車が激安の車販売するわけだし、車にカメラ 付けるとかそういうところで付加価値をつけるよりも、今あるものの無駄をいかにそぎ落とした車を開発するかというところも重要じゃないかと思う。
環境問題と不景気でF-1やラリーから撤退するメーカーも多いことだし、もはや車にスピードはいらんでしょう。冗談ではなく、真面目に考えてもいいのではないだろうか。


ちなみにホンダのインサイトが発売から10日前後で予約含め1万台以上販売したってことで、今月の売上トップになるらしいんですけど、200万を切るって言ったって結構な額なのに、売れてるわけじゃん。
それに今日の『ガイアの夜明け』で20台の車保有率ってデータが出てて、減ってるとはいえ70%を上回っていたんですけど、あのデータは本当なんだろうか?
車売れない売れないって言ってるけど、別に売れてないわけじゃないじゃんって思うのは私だけだろうか。リストラするための口実をマスコミに作ってもらってるだけじゃないだろうか。
だいたいが東京や神奈川の若者に聞いたって、公共交通機関が発達してるんだもの。車が必要ない人に意見を求めたって、そりゃ「要らない」としか言わないよ。
意見求める場所が違うよ。
車買うのは地方の足として必要な人だろう。そういう人に意見求めて、若者ウケする車じゃなくて、ちゃんと走る車作ろうよ。それがインサイトの燃費 の良い車を安く買いたいって消費行動に表れてる気がするんですけど、『ガイアの夜明け』も所詮メーカーの提灯持ちだよなぁって思った。まぁマスゴミはスポ ンサーには逆らえんからしょうがないよね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 売れる車を考える前に考えてほしいこと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/36

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2009年2月18日 01:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現金な話」です。

次のブログ記事は「できないはずはない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0