万国共通の刑罰を与えるべきでは

| | コメント(0) | トラックバック(0)
約一週間ぶりにパソコンを立ち上げてメールチェックしたら、迷惑メールがとどまるところを知らず、ハードディスクが壊れるんじゃないかというほどずーっと回転するはめになってた。
迷惑メールフィルタをかけてあるので、だいたいのものは省いてくれるけど、それでも仕分けしきれないものでも1アドレスに付き200通ほど。メールチェックはこまめにすべきかもしれないが、それにしても迷惑メールが多すぎる。
主には海外から流れ込んでくるものだが、こういうのは日本で迷惑メール防止条例(だったっけ? 法律だったっけ?)を作ったところで無関係だ。 まぁ日本国内だってそういう決まり事があってもてんで役に立ってはいないけど、それにしても「海外のサーバーを経由してるから」とかで手も足もでないん じゃ、このグローバル化した世の中においてお話にならんと思う。
迷惑メールから話が広がるというか、関係なくなっていくが、こうした国が違うから手が出ないとか、それだけじゃなく国によって犯した罪が同じで も刑罰が違うってのは、なんか理不尽な気もするし、こんだけ世界が狭くなっている今、万国共通の刑法じゃないけど、まぁ国による何かしらの文化的齟齬はあ るにしろ、共通の刑罰を与えるべきなんじゃないかと思う。
たぶん、このところニュースで取り上げられている、外国語教師リンゼイさん殺害事件だって、あちらの家族にしてみりゃ、犯人を取り調べ、裁くのに「日本の警察、法律で大丈夫か?」って思っていることだろう。
海外に高飛びとかあるけれど、そういうどこの国にいようが犯罪者は許さん!ってことにならんかと思うが、そういうことをしているとまだまだコスト的に割に合わないからダメなんだろうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 万国共通の刑罰を与えるべきでは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/61

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2009年11月11日 23:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「巨人ファンのようです」です。

次のブログ記事は「明日が楽しみ♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0