パソコンという名のブラックボックス

| | コメント(0) | トラックバック(0)
最近はあんまりお勉強してないせいか最新のパソコンについてよくわからなくなってしまっている。
というか、昔のようにとりあえずDOSをなんとか立ち上げてコマンド入れてなんとかできるとか、フロッピーに起動ディスクを作れるとかいうような 話じゃなく、HDD内にOSがそのまま入ってて修復させることができるなんて構造になっている場合、そのHDDそのものが壊れたというか、ほんの一部分が どっかおかしいって時には、OSそのものを修復させられない限りもう直らないっていう状況がはがゆい。フロッピードライブそのものがないから、簡易DOS ディスクさえ入れられないし。っていうか、Vista使うような人が、そういう時のためのCDなんか作っちゃいないからいきなり直せといわれても手に負え ない。
そもそもがBIOSからCD起動だけじゃなくUSB起動とか選べるんならBIOSがOSってことでいいんぢゃないのか? OSって、というかWindowsってOSぢゃないものになってしまっているのに、Windowsに頼り過ぎだよパソコン。

あと、メーカーのサポートに電話して、24時間体制で受け付けてくれるのはうれしいんだけど、電話待ってる最中に「インターネットでも受け付けて います。そちらの方が簡単です」みたいなこと言われると、そもそもパソコン壊れて電話してるわけで、インターネットに繋がるんなら電話せんわい!って思う んですけど、そういう姿勢ってどうなんでしょう。
あと、未だにフリーダイヤルとかしか書いてないから聞こえない人どうにもできないし。っていうか、買ったものについてる書類に修理チェックシー トとかあって、電話かけてもなかなか繋がらないって仕組みになっているのなら、FAXでそのチェックシート流して受け付ける方が時間の無駄がなくなってい 良いと思うので、FAX番号載っけてほしいよ。聞こえる私でもそう思う。電話が繋がるまで10分以上待たせるんだから、絶対その方がいいよ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パソコンという名のブラックボックス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/67

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2009年12月14日 01:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みんな寛容だ」です。

次のブログ記事は「国会で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0