家電芸人への道

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今日は家人と掃除機を買いに新宿へ。
パソコンやプリンタなどIT系の電化製品は仕事のからみと個人的な興味もあって常日頃からチェックはしているが、正直家電はそんなに詳しくはない 私。
しかし、どうせ買うんだったら少しでも性能を理解し、お得なものが良いと思い、事前に家人に要望と予算を聞き、それに最適なものをピックアップし て機能と価格を一通り下調べしてから買物に行くのがよろづ請負人としても努め。
準備は万端で、いざ新宿に新しく出来たヤマダ電機へ。

ヨドバシとビックのポイントカードを持っている私としては、新しくカードを増やすのは嫌なのでヤマダ電機で買うつもりはさらさらなかったのです が、とりあえず新しい所には行ってみたいのが好奇心旺盛な人の定め。
本来ならその好奇心に任せて1階から全部一通り見てみるのが本当のところ。しかし今日は家人も一緒なので泣く泣く余計な寄り道はせず、すぐに掃除 機売り場へ。
1階から7階まですべてが家電製品で占められているので、掃除機もそれなりのスペースをさかれているのではないかと思っていたのだが、掃除機は家 電の中でも地味な存在だからだろうか、思ったよりは売り場スペースが広くはなかった。
お目当ての機種を見つけ、試してみようと思うが、ここで意外な肩すかしを食らう。
当初「ダイソンのサイクロンがどうの・・・」と言っていたので、ダイソンはオススメしないまでも、集塵効果の高いサイクロンに興味があると思って 調べて来ていたのに、サイクロンはそれなりにお手入れが必要というのを見るやいなや、「紙パックでいいから軽いのが良い」と言い出す始末。
しかも「軽い」というのも本体の重さよりも、ノズルの部分の重さのみが一番重要だという。ノズルの先のヘッドが自走式のものが動かすのは楽ですと 言って売られている商品がほとんどだが、家人は「ローラーははずしてノズルだけで使うから」ということで、もう今の掃除機メーカーの開発コンセプトを全否 定しかねない要望ゆえ、そんなのはカタログにもどこにも書いていないから、その場であれこれ試して一番軽い物にめぼしを付け、価格をチェックし、ヨドバシ へ。

ヨドバシに行くと掃除機売り場はヤマダより広かった。さらにほとんどの商品が下に置かれていて、電源を入れてヘッドを動かしてみてどうなのか?と いうのが試しやすくなっていた。
めぼしを付けた商品ももう一度試しつつ、同ランクのものも比べてみて、やっぱり最初に気に入った物が一番軽いし、価格もヤマダより安くなってるし これでいいね、ということで店員さんにお願いしたところ、「色違いは在庫があるが・・・」という話。
家人が「色も見本のものがいいね」って言っているので、見本と同じ色の物を送ってもらうことにしたら送料がかかるってんで、前にテレビも洗濯機も 送料無料だったし、試しに「送料分くらいはまからないんですか?」と聞いてみると、しばらくお待ち下さい・・・と言われて出てきた価格が送料分以上に値引 いてくれたので、購入決定。

で、当初サイクロンの予定だったので、予算にあまりが。
ここは日本経済に貢献すべく、もう一つ前から欲しかった空気清浄機を買うことに。
あまった分の予算をまるまるつぎ込むつもりで機種を選択。空気清浄機はシャープのプラズマクラスタが売れているという話だが、パナソニックのナノ イーもほぼ同じようなものというのを聞いたことがあったので、どちらかに絞りつつ、パナソニックの方が家人が好きそうな色のものがあったので、ちょっとだ け迷いつつ店員さんに「どっちがいいんですか?」と聞いてみると、ナノイーの方がイオン粒子が小さくて浸透するのと、パナソニックは前面と側面集塵に対し シャープは背面なので場所取ります、ということだったのでパナソニックのものに。
別に値切らなくても予算には入っていたのだが、ケータイで価格.comをちらっと見ると、ちょっと値段に開きがあったので、試しに「ヤマダだとだ いたいの商品ポイント20%になってて、こっちは10%だから、そのポイント分くらいはまかりませんか?」って聞いてみると、しばらくお待ち下さい・・・ の後に提示された金額が実際に10%割引。
在庫もあったので、お持ち帰りで購入してきました。

昔は家電量販店ってもう割引後の金額なので値切ってもしゃあないという雰囲気があったのに、最近はテレビとかでも「こうすれば値切れる」みたいな のをやっているし、競争が激化しているからですかね。
ホント、ある意味お試し的に言ってみただけなのに値切ることができてしまったし、実際、価格.comの最安値と比べてもポイントを足すとほぼ同じ くらいの価格になっていたというのが驚きです。

でも、喜んでばかりもいられないんですよね。
私も売る立場になることもあるので、あの価格.comほどやっかいなものはありません。
あれを見せられて、「他ではこの価格で買えるのに」ってお客さんに言われると、何も言えなくなってしまいます。最安値がたまに自分ところの取引先 の仕入れ値よりも安いときがあったりして、ホント、世の中どうなってんだ、と思ったりします。
で、あれを見せられる気分の悪さを知っているので、今回は値切りの交渉手段としては全然使いませんでしたが、使わずとも大手量販店ではあれと同じ 価格になってしまうということになると、小売店はどう逆立ちしても対抗できなくなってしまうんですよね。
電化製品売るときは結構「ポイントはつかないけど、量販店と同じ価格で売れますから」って金額提示するとだいたいお客さんも納得して買ってくれる んですけど、量販店でさえ値崩れしちゃったら、もう我々小売店は金額提示するだけ無駄ってことにもなりかねないですからね。

しかし、わかってても値切ってしまう自分がいたわけですが・・・
っていうか、ホントに値切れるかどうか試したかっただけなんですが・・・

どうでもいいけど、掃除機も空気清浄機もらん太がいるから欲しくなった商品で、このGWでらん太のための出費って結構な額になってるような気がし ます。
セレブうさぎだわ。

20100504_2.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家電芸人への道

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/78

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2010年5月 5日 01:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さよならキムタク」です。

次のブログ記事は「ブタは美味しいらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0