2010年10月アーカイブ

自分と同じ11月生まれだと知った。もしかしたら年も同じなのかも...。
職場のBLOGにも書いたのですが、より早く広く告知が広まるようにここにも書いておきましょう。

卒業・入学のお祝いの贈り物として親しまれてきた「全国共通文具券」が10月末をもって販売終了。 さらに今年末、2010年12月31日をもって券面の有効期限に関係なく、すべて利用できなくなります。
 告知から利用停止までがめちゃくちゃ期間も短くて、なんじゃそら、って思うのですが、とにかく皆様にお知らせして、お手持ちの文具券は早く使ってしまうようにお願い申し上げます。

職場のBLOGに書いた告知はコレ↓
 http://blog.bungu-store.net/?day=20101023
文具券はどうなるの?、どうすりゃいいのってのはこちらを読んでください。
(実際のどうすりゃいいのの具体的なところはまだ正確な情報届いてませんが・・・)

実際、私も文具店で働いてるので文具券を見ることありますけど、使われる数量って年間にして5千円分にもなるかならないか。お店で「文具券買えますか?」って聞かれたことは、過去5年間で1度しかないですし、知る人ぞ知るってアイテムになってましたから、その流通の少なさに発行元の会社もたちゆかなくなっちゃったんでしょうね。
3年前に有効期限が券面に印刷されるようになって、さらに低迷と混乱する様相を呈しました。
だって、新しい物は有効期限付きなんですが、古い物は有効期限がない。そうすると、小売店の方も手持ちで文具券のストックを持っていると、有効期限なしの方がお客様のためになるのでそっちを売ってしまう。結果、有効期限なしとありの券が混在してごっちゃになっちゃってる状態でした。
有効期限が3年くらいしかない金権なんて、売り物にならんし、贈り物として使う用途がほとんどなのに、有効期限過ぎたら紙クズになります、なんてものを贈り物にはできんから、それなら文具業界と書籍業界近いところにあるから、お店としては「図書カードの方が良いですよ」って言っちゃうよね。

巷では発行元の会社倒産だからとか噂が飛び交ってますが、とりあえず倒産とか整理はまだ当面はしないようです。ただ、急いで精算したいから、有効期限いっぱいは利用可能、とせずに、即今年いっぱいで利用停止ってことにしちゃうんだと思うんですけどね。
でも、12月31日以降、有効期限生きてるものを換金・払戻するにしても、その告知期間と、結局の所、今私が見てる最長の有効期限2014年3月 31日まであるんだけど、それをいつまでが換金可能にするの?って考えると、結局はとりあえず出回ってる券で、有効期限のない古い物はあと1年有効、それ以外は期限まで、とかにしちゃう方が楽なんじゃないかと思うんだけど、そうじゃないんだろうか。


お店に連絡が来たのは週の半ば20日で、加盟している地域の文具協会から、ただ「使えなくなります」ってFAX連絡だったので、「使えなくなるったって、それだけをお客様にお知らせしてもただクレームになるだけで、期限が生きてる券をどうするのか教えろよ!」って思ったので、仕方がないからFAX に載ってた発行元の日本文具振興(株)の文具券用のフリーダイヤルに電話したけど、つながらず。
たぶん、同じFAXが出回ってパンク状態なんだろうなって思ったので、その日はあきらめて、翌日朝一にかけなおして、呼び鈴はなるけど、電話出ず。で、かけ直したらつながらない状態に。 ちょっと腹が立ってきたんで、文具券のホームページから会社概要みて、そこに載ってる電話にかけたらつながって、電話に出たのは全日本文具協会の人。
11月1日にプレスリリース云々の情報はその時に引き出しました。
でも「それを早く広めるために、こちらのホームページに載せていいんですか?」ってことには、「混乱しますので、11月1日以降に」ってことだったので待ってたのですが、そしたらその次の日になって会社の方に郵送書類でお知らせが来てて、そこには「広く知らせるために、あらゆる方法を使ってください」みたいなことが書いてあって、でも、お知らせ下さいって言いながら、文具券のホームページはいまだにこんな状態だし(って、書いたときには何年も前から更新されてないページだったんですが、10月29日に公式発表で文具券のホームページにもお知らせが載りました)、
 http://www.bungu-ken.co.jp/index.html
その郵送されてきたちゃんとした文面よりも、私が電話で聞いたことの方がより多くの情報はつかめているけど、それが書かれていない妙な点もあったり。
というような状況で、本当にその後の対応がちゃんとされるのかなぁ、というのが信用できないというか、不安なところです。

100均とかの業界団体に入ってないものが台頭している文具業界でこういうことしてると、多分に苦しめられるのは街の小売店とかで、地道にやってきた地元の店、みたいなものがどんどん消えていく状態になるのが、いくら自由競争とはいえ、ホントにそれでいいの?って思ってしまいます。
だからこそ業界団体のトップにはちゃんと信頼できる仕事をしてもらいたいですけどねぇ。
日本の偉いさんは何をやっているんだか・・・。
近頃の政治家さんたちの言動とあいまって、日本の未来はお先真っ暗な感じがしてきます。
今日は大雨のおそれって言うから雑居まつりも明日になったのに、なんじゃい、この天気。
天気予報のあてにならなさは前から了解済みだが、それにしても夜12時の時点で、「多いところでは関東で明日の午後までに300mlの雨」とか予 想しといて、まぁ確かに夜中にちょっとは強く降ったけど、たぶん50mlも降ってないし、もう午前9時の時点で完璧にやんで、昼には晴れ間が見える穏やか な天気ってどういうことよ!?って、ちとキレそうになった。

んで、今日はしょうがないから明日やるはずだった仕事を家でせこせこやってたら・・・プリンタが壊れた。
まだ買って1年半しか経ってないのに、最初のトナーが残ってる状態なのに、業務用と言えるレーザープリンタがこんなに簡単に壊れていいんですかー?
おまけにA3機なので基本出張修理だから最低でも3万はかかるじゃん。5万で買ったのに修理が3万だったら直すのやだよ。
とりあえず明後日職場から電話するけど、裏技使えへんかったら二度とE○SON社のプリンタは買わんぞーー!!

腹いせに明日は思いっきり体動かすぞ!