2011年4月アーカイブ

今日はお昼まで寝て、昼過ぎから久々に銀座へ。
午前中寝ていると時間がもったないと思うのだが、やはり疲れている体には勝てない。
特に先週は毎日14時間労働だったから。

銀座もそもそもは取引先への支払に行くため。
でも、そこでも「だいたい来られるのって日曜日ですけど、日曜までお仕事してて、大変ですね」って言われたけど、あんまり仕事っていう気分じゃな いし、そもそもが前は独りで生きていくって思ってたから、土日関係なく働くのもありだと思ってて、大変だとはちっとも思っていない。
昼間で寝てたんだし。
私より働いている人はいっぱいいる。
そういう人が日本を支えている。
たぶん。

支払をちゃっちゃと済ませて、ちょっとだけ銀ブラ。
予定にはなかった夏野とかに寄ったりして、誰かさんのお誕生日プレゼントとかなんとか物色しつつ、銀座らしい買物ができたと満足。
銀座って、やっぱり高級感あふれるというか、少なくとも安っぽくはなってほしくない街なので、松坂屋でフォーエバーとかLaOXが雑居してるような状況って、なんか銀座っぽくなくて、ああまでするなら松坂屋は撤退すべきだと思う。
でないと、銀座で買物する意味がわからなくなってしまう。
とりあえず1階にねんりん家がある間は許せるかもしれないけど。

伊東屋にも寄って、「あぁ自分の店とは違うね」って思いつつ、そこでもついついうさぎグッズとか買ってしまう。どうにもうさぎ好きが止まらない。
今日の衝動買いの出費が恐ろしい。

被災地支援を何もしていない自分がもどかしいので、献血でもして帰ろうかと思ったが、まだあと1週間は忙しいはずなので、そこで自分が倒れちゃうと支援どころではないので、思いとどまり帰宅。

急遽、塩竃にいるとわかった友人の安否確認をし、無事がわかって一安心(っていうか今日まで知らなかった自分が情けないが)。
また明日から頑張ろう。
そう、頑張れ、被災地以外。
あの地震が起きてから、災害伝言板よりもmixiやTwitterとかの方が情報収集に役立つツールなんじゃないかということで、ちょっとつぶやきの連動とか実験したりして、あとお店のTwitterアカウントなんかも作ったりして、ちょっと遊んでいる。

中越地震の時に、各社のケータイが連動性がないってことで、どこのケータイでも使える掲示板で聴覚障害者用の情報交換用の連絡板を作ったのは、もう大昔。と感じるがまだ6年半前。
いまだ検索したら出てくるし、私もまだ閉鎖しましたページは残しているけど、時代は流れ、各社のケータイ災害伝言板はしっかり連動されているし、 その辺のインフラはソフト面も含め、大きく様変わりしているので、今回は私の出番は何にもなかったのだが(というか、何にもする気にもなれない状態だっ たってのはあるが)、「果たして本当にそうなのか?」ってところが疑問に思えたのもあって、遅ればせながら、確認の意味もこめて使ってみている。

実際にTwitterのアカウントを作ったのはもう1年以上前なのだが、当初はあまりのそのリアルタイム性についていけなくて『暇人のアイテム』 だとしか思わなかった。今でもそうは思うのだが、そのリアルタイム性が、こういう災害の時の情報収拾などには、少しは役立つと思う。
でも、少しは、である。
ホントのところ、その情報から何が必要なものなのか取捨選択する技量が身についていないと使えないし、下手に情報があふれていると、それすら面倒 なことに思える。うまく取捨選択できるようなそうしたフォローを積み重ねていけばいいのだろうが、それをいざいきなり"その時"にやろうと思ってできるも のではない。
結局暇人が使い慣れた場合にのみ使えるアイテムであって、その暇人から情報提供を受けることができればラッキー、くらいなものだと思えた。

実は普段よく使っていたmixiも、そしてこのBLOGや他の人のBLOGだって地震前にはもう見るのも止めようかと思っていたくらいで、自分のパソコンも時間があるときに、3日に1回くらいしか立ち上げなくなっていた。
だって、ITの恩恵を受けている人って、実のところごく少数派なのだ。まぁ仕事上ではともかく、個人でそれで情報を活かして、なんて人に会うことはほとんどない。
みんな使ってる、使えているんだけど、使いこなせてはいない。そうなると、逆に情報量とか、そのなんていうんだろう、、、情報への接し方に乖離が 出てきて、そういう使いこなせていない人のこと、多くの人のことがわからなくなってくるのである。自分だって使いこなせていたとは全く思っていないけど、 なんか、「なんであんたたちは自分で使ってながら、わかってないの? わかろうとしない?」っていう気分を味わいつつあったので、「私も止めてみよう か」って思ったのだ。

でも今度はそうすると、だんだん退化していく自分というか、もうすべてがアナログで良いよね、って気分に落ち着いちゃうと、IT的なものがだんだ ん面倒になっていって、そうすっと今度はそっちの方について行けなくなるのである。っていうか、元々感性がアナログなんで、そっちの方が居心地がいいのか もしれない。
でも、「あぁもう新しいことはどうでもいい」・・・という、老化現象の表れ?ってのが出てきている感じになって、ITだけじゃなく、すべてにぐー たら感覚になってるだけのことのように思えてたんだけど、ここんとこちょっと遊んでみて、まぁ使い物にはなるのかよくわからないツールだけど、今後の変化 を感じるためにも、やっぱちょっと使い続けておかねばなぁ、とは思い始めました。
というよりは、学生相手の商売してるんだもの。プロとしては新しいことには常にアンテナを張っておかなくては。「iPhoneって何に使えるの?」って感覚じゃああきませんね。いや、実際そっちは使ってないからよくわからんのですけど。

しかし、新しいことが、今までは要領のよさというか、感性だけでどうにかなってきてたんだけど、それだけじゃ「よーわからん」って事態も発生しているのは、やっぱおっさんになってしまったんでしょうか。
日々是精進の言葉を今一度思い出し、時間ないけど勉強していかねばならんのですね・・・。
石原さんに投票した人は絶対に、って思った。

我々は福祉や教育に関する切り捨てでこの人は絶対に支援しないって思ってるんだけど、正直普通に生活してる分には石原さんで何も問題はない。
新銀行東京の問題とか、オリンピック招致の問題とか、築地移転の問題とか、失政はいくつもあるにも関わらず、また失言の数々が世界の恥になるにも 関わらず、この人が選ばれてしまうのは、一つには今のまま変わらない生活を求めてる人が多いってこともあるだろうけど、ホントに失言は多くても、言うこと 言うし、やることやるしってリーダーシップは期待されているのだろう。
でも、もうおじいちゃんなんで、どこまでできるのか、はなはだ疑問というか、これ以上老害まき散らさないでほしいんだけど・・・。

国は何の指針も示さずに、時間経過で時間稼ぎみたいな感じで1ヶ月過ぎてる。
とりあえず落ち着くの優先だったのかもしれないんだけど、それなら、選挙速報が開票する前から当選確実とかって状況になってしまった今回の選挙。選挙やる意味あったんかなぁ、って思った。
こんなことなら全部の選挙を一時延期とかにすれば良かったのに。

何にもせずにただ時間稼ぎで延命しようとする政権とか内閣とか、あと、うやむやのうちにマニフェスト実行しないでよくなって、なんでもかんでも「復興の予算に」って言っておけばよくなってしまった状況に、ほくそえんでいるのんじゃないだろか。

だから、そういう政治状況だから選挙に行く人も減るって。

自粛は止めようとかっていうような、マスゴミがとりあげる一つ一つに首相が発言しなきゃいけないとか、そういうことが政治主導ではなくて、早く被 災地や被災者をどのように支援していくのかを形作って、そいでもって少しでも早く安心させてあげてほしい。というか、こっちも安心させてよ。

そういうリーダーシップが求められてるんだろうなぁ・・・。
って思うんだけど、だからこそ、なんか危ないリーダーとかが出てきちゃうと、コロッといきそうなこの国が怖いです。

まぁでも桜ももう散りかけてるしね。
今日は朝、ちょっといいことがあってというか、実際には前日だったみたいなんだけど、大好きなマイミクのtulipちゃんから紹介文が書き込まれていることに気がついて、午前中はニヤニヤしながら仕事してた。
けど、お昼に私の逆鱗にふれてくれる取引先さんがいて、あっという間に気分は台無し。
お客さん多くて忙しい時間帯だから、その時間には営業に来るなって何度も言ってる時間帯に来る向こうが悪いんだけど、それにしてもそこまで怒らんでもええやんかって思えるくらいに腹が立ってしまった。
あかん・・・。カルシウムが足りてない。
最近は、疲れがたまって怒りっぽくなるとそう思うようにしてる。
で、半年くらい前からは実際に自分の店の商品のDHCのカルシウムのサプリ食ってたら、ホントにだんだんと気分が落ち着いてきたんだけど、あんま 売れるもんじゃないんでこまめに見てなかったら品切れしてて自分の店で買えなかった。っていうか、もしかしたら自分しか買ってなかったかもしれない(笑)

地震後、当たり前に生活することが大事だよねーって思いながらも、職場が立ち入り制限があったり、停電があったりなかったりで、必然的に普段とは違う生活を2週間ほど強いられて、リズムが狂ってしまったので体調も悪化。
それから1週間経って、ぼちぼち普段通りの生活に戻ってきて、新学期も始まったし、気合いも入れていかねばならんので、まぁそれなりにはなってきた。
でもなんか違うのよねー、って思えなくもない。
自粛ムードがひびいてるのか、新学期なのに、なんかワクワク感が足りない。
もうちょっと経つと、そんなことも思ってる暇もないほどに忙しくなるけど、ホントにそういう忙しさが待ち遠しい。
明日はお楽しみのガイダンスがあるが、はて、どうなるやら。

節電と言いつつ、ここ数日計画停電がないので、もう普段通りに電気を使ってしまっている気がする。
エレベーターを使わないようにするのは節電よりも自分の運動不足解消のためだから地震の前からやってるし、パソコンも3日に1度くらいしか使わないのも、ここ1年くらい普通になってる。
エアコンを我慢してたら風邪っぽくなったので、それは止めようと思って、適温にはしてる。
ここ3日間くらい朝晩寒いけど、それでも朝は暖房要らないくらいで済んでる。
夜は需要が減ってる時に使うのは、アリだと思う。貯めておけないものを使っちゃうのは、たぶん良いことだろう。

でも、暖房が要らなくなったから電力需要が減っているのはわかるんだけど、今から気を引き締めておかないと夏の電力不足には対応できないのではないか。予行演習ではないけど、今のうちから不便さに慣れておくために、毎日停電はした方がいいのではないだろうか。
ちなみに、うちの職場近くにある無人のゆうちょのATMコーナーにエアコンがあるんだけど、ここのエアコンが無人なのにガンガンに効いてて、夏は 寒く、冬は暑く、くらいになってて、でも電源が表側にはないので、この節電が叫ばれる中「無駄!」って思っても誰も消すことができない。っていうか、ゆう ちょの人が気がついて消せばいいんだけど、そんな気配はない。
そういう無駄な電気ってたぶんいっぱいあったりするんじゃないかと思う。
そういうのをしっかりやっていけば、多少の停電は減らせられると思うけど、でも夏の電力需要を見てると、焼け石に水なのかもしれない。

気になるのはディズニーランドがどうすんのか。
野球の時に東京ドームを使うと5000世帯分の電気量とかでさんざん文句言われてたけど、ディズニーは5万世帯分くらい使うらしい。そうなると、おちおち再開できないのではないか。
でも、ディズニーだって、それで会社がなりたってるし、その仕事して生きてる人もいるわけで、いつまでも閉めていられないはず。
計画停電が始まったあたりに「パチンコ屋は営業を止めれば」みたいな話があったけど、パチンコ屋だって、それはちゃんとそういう仕事なわけで、確 かにそれで身を持ち崩す人も多かろうけど、営業を止めろっていうのは、それじゃああなたも仕事せずに食ってけますか?という話になって、そう簡単ではな い。

こんなことを考えていくと、ベーシックインカムの考え方になっていきそうで、なんかちょっと嫌だったり・・・・・・・・・

と煮詰まったところで今日の日記終了。


毎日、東京でも震度2か3程度の余震というか地震があって、毎日「今日はまだかな」なんて思ってたけど、ここ2日くらい、そういう地震が起きていません。

このまま落ち着くといいんだけど。