政治家は自分たちに不利な法律は作らない

つぶやきでもちょっと書いたが、大阪府知事だった橋本氏が大阪都構想とかかかげて大阪市長選に出るらしいが、その任期満了せずに鞍替え出馬ってなんで認められてるんだろう、と思う。
選挙に出る時点で任期ってのがあるってことは、我々お馬鹿な庶民でもわかっていることで、お偉い方々なら当然のごとく知っているはずだろう。そして、その任期で自分の持っている政策を実現すべく、公言して選挙を戦い、それが選挙民に認められて運良く当選するわけである。
ということは、政策も含め任期も選挙民から与えられた投票に対して完了すべき事項ではないのだろうか?
それなのに、多くの政治家は他にやりたいことができたからってな、なんか会社に入って、「やっぱここは俺のいる場所じゃねーよな」ってほざいて辞 めてしまう性根のない新入社員のように、わずか4年足らずの任期も満了せず、さらにささげた政策も実現させず、鞍替えで他の選挙に出てしまう。

そんなたった4年足らずの任期に対する責任も果たさない、ましてその任期での政策プロセスの視野もないような政治家が政治をやっているからいつまで経っても世の中良くならないのではないだろうか?

ちなみに普通に会社だったら、自分の抱えてる仕事放り投げてどっかいったら職場放棄である。ましてその責務に対して選挙という他人からの信任を受けての仕事である以上、それをこなさないのは背任ではないだろうか。
そして、そういうことができないようなきちんとした取り決めをしてほしいが、選挙区で負けた人が比例代表で当選できちゃったりするような選挙制度しか考えられない政治家たちには、自分たちが都合が悪くなるような制度は絶対作らないという、保身の術しかない。
だからダメだっちゅうに。

橋本氏の場合、頑張っているとは思う。でも、改革には時間もかかるということを理解しないといけない。そういう意味でもやっぱりもっと長期的視野 をもってほしい。見た目思いつきで行動しているようにしか見えないと、あとで反動が来る。それこそ、今回の都構想とか、どっかの新聞にも書いてあったが、 大阪だけでなく、愛知も神奈川も同じような問題を抱えている地方自治体もあるわけで、それを大阪だけ(しかもすでに大阪は他と比べても衰退しつつあるの に)やっても意味がない。
己のことだけ考えずに、広く周りを見渡してから決断してほしかったが、もう遅いね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 政治家は自分たちに不利な法律は作らない

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/112

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2011年10月23日 23:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北風と太陽」です。

次のブログ記事は「怒りの防災訓練」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0