開き直った東京電力

なかなかすごい。
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

東京電力トップページに、福島の原発事故の被害に遭われた方が賠償請求するための連絡先として、どーんと電話番号載ってるのだが、その下の文言。

「耳の不自由な方につきましては、ご家族やご支援者の方を通じて下記連絡先にお問い合わせいただきますようお願いいたします。」

通常、耳の不自由な人のことは考えてないから何も書いてないってのはよくあるパターンだが、わざわざ書いてあるってことは、FAXするな、メールするなってことなのである。
つまり、今は対応が大わらわでFAXやメールしてくれても読んでる場合じゃないから、とにかく電話なら、すぐに話がつくから電話してくれってことなのだと思われるが・・・。

まぁ前代未聞の事態で、とにかく無視してるわけじゃないんです、大変なんです、って姿勢はわからなくもない。
でもねえ。
正直な話、聞える人が電話したって、わけわからないような話なんですよ。
それを人づてに解決してくださいっていうか、君たちは直接連絡しないでくださいっていうのが誠実な対応とはとても思えないですよね。
まぁ、とりあえず書いてはあるけど、実質的には無視してるのと同じっていうか。

本来なら、一軒一軒回って対応を協議すべき事態なのではないだろうか。どうせ煩雑になることがわかってるのだから、その方がかえって楽になるような気がする。
それが無理なら、もう個別対応とか止めて、ある範囲の方は、一律いくら、とかにした方がいいのではないだろうか。
なんか無駄に反感煽ってるだけのように思える。

取り返しのつかない過ちにあわてふためくのはわかるが、その後の対応を、また間違えてはイカンよ。
時間はないんだろうが、もうちょっと頭使おうよ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 開き直った東京電力

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/114

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2011年10月31日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「怒りの防災訓練」です。

次のブログ記事は「風の祭日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0