2012年3月アーカイブ

今日も一日特に何が起きるわけでもなく平凡な休日を過ごした。

東日本大震災から明日で丸一年。
実は仕事のシフトが出てきて、10日11日が休みになってたので、すわ「何かできることがないだろうか?」とか思って、ボランティアに行こうだとか、震災関連のイベントに参加しようだとか思ったのだが、あれこれ思ううちに、ふと考えが変わった。

昨日と今日、今日と明日。
いままでも特に何も変わることなく過ごしてきている。
まぁたまにイベントやったりしているけど、でも日々を着実に生きてて、別に、特別に誰かのために気負って何かをしているわけでもないのに、いきなり一年前に震災が起きたからといって何かをする必要があるのだろうか?と。

不謹慎な言い方になるかもしれないが、世界のあちこちでは戦争、紛争で亡くなる人も大勢いて、そんな遠くに目を向けなくても、日本でだって年間で自殺者が3万人超いるって話で、果たして自分はそんな人達のために日々何かをやっているか?
と問いかけると、まぁたまに募金したり、勉強会に参加したりもするけど、でも日々これといって何かをしているわけではない。
のに、一年前の震災のために、その震災当日だけ何かをやるって自己満足なだけじゃないの?
その方がダメなんじゃないの?
って思えてきた。

いや、自己満足でも何もしないよりはいいのかもしれない。
まして、自分は今、仕事上でも一応は被災地の支援関連の仕事をしている(あんま役に立ってないけど)。
だから、"何か"ということも必要だと思うけれど、でもでも、日々自分が普通に生きてることで、世の中が動いてて、同じようにそういう何もしない人がたくさんいて世の中回ってるってことに、もっと普通に感謝して、普通に過ごすことも必要なんじゃないかな、と思った。

ので、何もしないと決めてたら、被災地出身の親のいる同僚が「親が被災地の慰霊祭に参加したいって言ってるから11日の休み変わってもらえる?」って言ってきたので、二つ返事で変わってあげられた。
そういう、何もしなかったからできることもある。

ということで、もう書き始めは10日だったのに11日になっちゃった。
でも、昨日と、今日とで、自分の一日は変わらない。
ただ、日々自分なりの、今日を過ごす。

それが突然に明日を奪われてしまった、去年の地震で亡くなった方への弔いになると思います。
今日も黙々と仕事しようと思います。