2012年4月アーカイブ

今日は両国の江戸東京ホワイトベース・・・じゃなくて、江戸東京博物館に『ザ・タワー~都市と塔のものがたり~』展を見に行ってきました。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/index.html
(特別展へのリンクだから、期間すぎるとリンク内容が違っちゃう。すみません。)

20120418_01.jpg今度5月22日にスカイツリーが開業するのに合わせて開催されていた特別展で、高いところが好きなお馬鹿な私は、別にこの展示で高いところに昇れるわけでもないけど、やっぱ、高いところへの知識をもっておかなくちゃ、って思って行ってみた。
ただ、ホームページとかで概要を特に読んで行ってなかったので、自分がイメージしていた内容とは全然違ったんだけど、なかなか興味深い、面白い内容だった。
主には、有史以前のバベルの塔について、国宝の薬師寺東塔、エッフェル塔、浅草の凌雲閣、大阪通天閣、そして東京タワーというそれぞれをフィーチャーした内容だったんだけど、バベルの塔については、有名なブリューゲルの絵と対比して、考古学的にバベルの塔の実在を信じて調べたキルヒャーの絵を並べていたり、薬師寺東塔は、1910年のパリ万博に出品された20分の1模型があって、その精巧さに、きっと万博で見た外国人も驚いただろうなあ、って思ったし、エッフェル塔はその成り立ちで、「エッフェル」の名前が付いているけど、実際はエッフェル社の人が考えたんじゃん、ってツッコミ入れたり、そのエッフェル塔の改築案がこれまたすっごく面白くて、建築勉強してる人は絶対見ておいた方がいいねって思えたし、そのエッフェル塔を捉えつつ、浮世絵を崇拝して富岳三十六景にちなんで「エッフェル塔三十六景」なんて描いてるリヴィエールの絵がこれまた情緒あっていい感じだったし、浅草凌雲閣の頃には、その前に浅草富士山とか、そういう面白い物が存在してたんだとわかったし、通天閣は、初代についての記述がほとんどだったけど、なぜ大阪のあの辺が"新世界"っていうのかわかったし、ホント、明治って絶対面白い時代だったんだろうなぁ、って思えたし、なぜかビリケンさんがいて、足の裏なでさせてもらったり、東京タワーは、東京タワーについて描いた山下清の絵と文章がこれまた味があるのが良かったりと、ホントに私としては久々にヒットした企画展でした。
スカイツリー開業に合わせての展示だった割には、スカイツリーについての内容がほとんどない・・・と思って展示を出ると、その先にある特別展用のショップがスカイツリーだらけ。そこが一つの展示場みたいで、「もしかして、展示内容が少ないのはこのため?」って思ってしまいました。それにしても、開業前からこんなにグッズがあるって恐るべしって感じでしたね。

20120418_02.jpg企画そのものは満足したのですが、この博物館、特別展と常設展は別料金。普通は企画展の料金払えば、常設展は見られるものなのに・・・(って思ったから常設展は見ませんでした)。また、展示も建物の仕切りの関係で、ちょっと回りづらい部分も。特別展の方にはそこそこ人は入ってて、まぁ平日ならあんなもんでいいのかもしれないけれど、巨大な奇抜な建物の割には、もっと集客した方がいいんじゃないかと思いました。
でも逆に、お客さん少ないおかげで、7階のレストランは眺めの良い場所を一人締めできましたけどね。


さて、本題。
両国に来るのは久しぶりで、いつもホントに博物館に来るくらいだったので、江戸東京博物館に向かう前に、そこから見えた三重の塔が気になったので、そこに行ってみました。
そこは、横網町公園内の"東京都慰霊堂"っていう、本来は関東大震災の時に亡くなった方を祀る慰霊堂として建てられて、その後、東京大空襲で亡くなられた方も合祀して祀ってあるものだとわかりました。
20120418_03.jpgホントに近くにあるのに、そんなものがあるなんて今まで気がつかなかったというのもなんとも。
慰霊堂の中を見させてもらって、震災の時の絵とか、空襲の時に写真とかもあって、おごそかな気持ちになりつつ、手を合わせてきたのですが、そう言いつつ、なかなか周りが雰囲気良いので写真も撮ってたんですけど、そこで気がついたのが、スカイツリーって、意外にどっからでも顔つっこんでくるのね、ってこと。
まぁスカイツリーだけじゃないんだけど、せっかく趣のある建物とかあって、それをきれいに写真撮りたい!って思っても、かなり位置や角度を気をつけないと、スカイツリーとか、高い建物、電線、電柱、etcクビをつっこんできて、まぁ現代と歴史の対比って意味では面白い写真も撮れたりするけど、その歴史の方だけ撮りたい時には、かなり難儀をしてしまう。

『ザ・タワー』展でも、エッフェル塔が建つときにかなりの反対運動もあったという記述があった。「歴史あるパリの都に無骨で醜悪な鉄の塔は似つかわしくない」・・・今でこそ、エッフェル塔もすでに100年以上を経過し、そのものが歴史になっているけれど、何度も改装計画が持ち上がったり、あの容姿を維持していくのに相当の苦労があったらしい。かなりの美観を誇るエッフェル塔でもそうなのだ。

私は高い所好きだし、近代的な建物も好きなので、「どんどん建てれば」って思う方ではあるのだけれど、それでも、高い建物って、時に街の景観そのものを殺してしまうと感じるから、それを建てる際にはある程度の気を遣わないといけないと思う。京都タワーが典型的な悪例だ(私はあの建物をあそこに建てることを許可した京都市が理解できない)。
街の進化に合わせて歴史も作られていくのかも知れなくて、近代的なフロンティアみたいなものはそれこそきらびやかなものを感じさせて、未来志向の人を奮い立たせる力を持っていると思う。でも、往々にしてそれまでの景観と相容れなかったり、やっぱり、それ相応の代償を払うことを考えると、単純に進化させればいいもんではないと思う。
建築やってく方には、その建物単体の様相だけじゃなくて、周りも含めて広い目で見て建物作れるようになるような教育がなされてほしいですね。
今週はシフトの巡りでなぜか休みが多くて、日曜休みで花見日和なことがわかっていたんで、何人かにお誘いをするも、だーれもご一緒してくれないってことが判明したんで、昨晩から夜更かししながら「明日はひきこもりになってやるー!」って思っていたものの、今日、お昼過ぎに起きたら天気もすごく良いし、ひきこもりになってるのもやっぱりもったいなくて、「そうだ今日は花まつりだ。お寺に行こう!!」と、深大寺まで出かけてきました。
幼稚園が仏教系だったので、なぜか心の奥底に染み付いてる花まつり。大人になってからは特別に祝うことはないものの、クリスマスがあれだけ盛大にやってるのに、元々仏教国の日本でもうちょっと注目してあげてもいいのでは?と思いつつ、心ひそかに4月8日には手を合わせていたりしてました(事実)。でも、花まつりの日に、お寺にちゃんと足を運ぶのはかなり久しぶりです。

20120408nogawa4.jpgうちから深大寺には野川でつながっているという感じもあって、一人お花見ではないけど、野川を桜散策しつつ、自転車でぷらぷらと川を上る。
雲ひとつない晴天で、青空がいっぱいに広がり、本当に花見日和で、野川には桜も満開なら、人も満開という感じで、お花見を楽しむ人でいっぱいだった。
ここはさくらも見事だが、緑もきれいで、それこそそこにいるだけで心までお腹いっぱいになりそうな空間である。
特に名の知れた場所ではないと思われるのだが、本当に日本は桜が好きなのだと思う。
あちらこちらにこんなに見事な桜の場所があって、目を楽しませてくれるなんて、こういう景色が見られるだけでも、経済がどうとか、そういうことは抜きにして日本は心豊かにいられるような気さえしてくる。
桜を見るにつけ、日本人でよかったと思える。

この桜の回廊を途中で外れ、少し坂を上ると深大寺である。
深大寺の参道にもこれまた桜並木がある。ここもまたきれいである。
そして、深大寺にも当然桜がある。日陰がちでほんの少し冷気も漂う境内の桜はまだ満開ではなかった。

20120408jindaijisando.jpg20120408jindaiji2.jpg20120408jindaiji.jpg










しかし、ここも人出が多かった。そして、お目当ての花まつり(潅仏会)も行われていた。
門を入ってすぐのところで甘茶を配っていたのだが、係りの人が「もう少しでなくなりそう」とか言ってたので、お参りの前に甘茶の列に並ぶ。ただ、お釈迦様より先に甘茶にありつくわけにもいかないので、もらってから、今度はお参りの列に並ぶ。
人の多さに、「何かあるのか?」と言っている人もいるのだが、なぜか「今日って花まつりだ。幼稚園の時にやったよね」と私と同じように幼稚園の時の記憶を思い出す人もいたみたいで、やはりこれも日本人の心の奥底には忘れられていない行事なんだとちょっと安堵(いや、まぁお寺まで来て思い出さない人もいないとは思うが)。
お釈迦様の像に甘茶をかけてから、お参り。
甘茶をかけるのに「お釈迦様、べたべたになっちゃうよね」って、もっともな感想を漏らす人も。
確かに、なんで甘茶をどぼどぼとかけるのか、考えてみれば不思議である。
(理由があるからだけど、現実考えると確かに可笑しい。)
お参りをしてから、甘茶を戴いた。懐かしい味がした。

花見から花まつりから花尽くしだったので、どうせのことに花御籤も買ってみた。大吉だった。
なかなか今の私にもっともな感じのことが書かれていて、「仏の御心にしたがいて、なすことをなせば」と書かれていたので、善行を積むしかないなぁと思った。いえ、別に今悪行を働いているわけではないけど。
おまけに、花御籤についていた押し花も、七種類あるという中で、赤い花てまりだった。やっぱり赤はまだまだ幸運の色らしい。
ここ数年、私が赤いものを好むので「赤が好きな色」だと思われているのだが、実は好きな色としては元々赤ではなかったのだが、赤い小物をもつようになってからなんか良い事がたびたびあるので、赤を好むようになって、そのまま赤いものばっかりになっていった、という経緯があるのだが、これでまだ当分はその傾向は続きそうである。

20120408ikoinoie.jpg門前でおせんべいを買って食べ、のんびりと帰った。
近くにあった、老人いこいの家でも、桜と竹がきれいなコントラストをなしていたので、写真を撮ってしまった。
野川でも思ったのだが、ピンクと緑って近しい色ではないわりに、合わさるときれいに見えるんだなぁと思って、たぶん服装とかに思いっきり取り入れるとちょっと痛い人になっちゃうかもしれないけど、軽いアクセントとして入れてたりするといいのかも、って勉強になった。
やっぱり色彩は奥が深い。

帰りも野川を通りつつ、甲州街道を過ぎてちょっとだけ遠回りもしてみた。

帰ってきたら、マンションの裏手にも桜があるのを見つけた。

20120408kokosquare.jpg野川の、川べりの自然いっぱいの桜もいいけど、こういう、マンションのちょっとしたとこにもやっぱり桜があって、本当に日本人って桜大好きなんだと思う。
向こう側に高層建築とかあって、なんかにあっていなさそうなのに、妙に桜があることで町に安心感みたいなものまで出てくるというか、そういうふうに感じてしまう私も桜、好きだね。

ホント先日の休みから今日まであちこちで桜の写真撮って、なんか桜の伝道師みたいになっちゃった。

とりあえずFacebookとmixiの方に桜のアルバムアップしといたんで、見られる人は見てください。

しかし、10キロ程度自転車に乗っただけで、ちょいとお疲れになってしまうので、本当に運動をしっかりしないとと思いました。

4月に入ってからしばしのんびり過ごさせていただいたので、御仏のお導きにしたがい、しっかり活動していこうと思います。いえ、別に仏教徒じゃあないし、そもそも無宗教なんですけどね。 しいて言えば、教祖、自分ですから(笑

唐突ですが、今年度の目標を立ててしまいました。
東京マラソンを目指します・・・といってもクジ運の悪い私としては思いっきりはずれそうでもあるので、今年度中に何かしらのフルマラソンを走りたい、ということで。

なんでいきなりフルマラソン?というのも、ハッキリ言って思いつきなんですが、死ぬまでに一回はフルマラソン走ってみたいというのは常々思っていたので、それを実行するのにそろそろタイミングではないかと。
正直、東京マラソンは制限時間が7時間とかなので、次の日のことを考慮しなければ、たぶん今でもいけるっちゃいけると思います。ナイトラリーに何の前準備もせずに参加して、あの無駄に休憩挟んでるのを省いちゃえば、延々と歩き続けりゃだいたい7時間くらいですからね。

太ることのない体型と言われつつ、ここのところ動きのないお仕事で、遅くに帰って飯食っちゃ寝るだけ、という生活をしていると、さすがの私もちょっとお腹の周りの余計な肉が気になってきました。
今、何かしら運動しとかないと、後々困りそう・・・というのが、この思いつきに至った経緯といえば経緯。でもあるけど、本当に何か運動したくなって、運動するからには何か目標があればいいかなと思いまして、一人でできることと言えばマラソン、ということで、それならちょうど年度の先の方に東京マラソンあるから、それがいいな、と思ったわけです。
もし、東京マラソンじゃない場合、もっと短い制限時間になると結構厳しいかもしれないんですが、とりあえず今の目標としては、フルマラソン4時間半くらいかな、という段取りで、おおざっぱに調べてみると、そのくらいの制限時間はだいたい設けてもらえてるんで、それを目指して、ちょっと今から体力作りをしたいと思います。
そんな余裕はないんですけど・・・でも、やろう。

いろいろとモヤモヤしたものもあって、ここのところ鬱屈してる感じですけど、何も考えずに走れば、気が晴れるんじゃないかな、という目論見もあるんですが、はて、どうでしょうね。
いずれにせよ、"良い筋肉"をこのまま放っておくのももったいないですから。
オリンピックもありますし、ちょっと触発されようっと。