2012年5月アーカイブ

先日、調布パルコに行った際に「手紙社」(http://tegamisha.com/)って新しい雑貨屋さんが入ってて、そこで5/26、27で京王閣にて開催されている蚤の市(雑貨、古書、アンティークの市 http://tokyonominoichi.com/)ってのを案内されました。
普通はそんなの「あぁ良いですね」とかって愛想撒いておきながらスルーするんだけど、その手紙社さんでいろいろと面白い物扱ってたんで、ちょっとその蚤の市も気になったんで、行ってきました。
・・・
ぶっちゃけ、案内をよく見ていなかったってのもあるけど、行ってみるといわゆるアンティーク雑貨市で、アンティークなんて置き場所ないし、いいなぁと思った手頃な椅子とかあったんだけど、ちょっと考えて それもやっぱ買うと怒られちゃうし、あんまお金もないしなーとか思って断念して何も買わなかったんだけど、(あ、雑居の時にも食った巻き巻きのウインナー売ってたんでそれだけ買って食べたな)、アンティーク雑貨を見るのは好きだし、行ったついでに写真撮ってきたので、モノトーン加工したりノイズ入れたりして遊んでみました。でも、なかなか雰囲気出すの難しいですねー。

20120526nominoichi02.jpgこういうセピアにするのって、簡単なんだけど、かっこよく見せるのが難しい。













20120526nominoichi01.jpg
この物たちの配置が面白くてパシャリ。
ちなみにこの店を出していた主はこんな方らしい。
奥田早織(co-fu)
url. http://www.co-fu.net/








20120526nominoichi15.jpg


















20120526nominoichi03.jpgこの遊んでる子と、この子の帽子もマッチしてて面白いので撮ってみました。
きっとお父さんかお母さんがオシャレさんなんでしょうねぇ。











20120526nominoichi10.jpg今回一番お気に入りの写真はこれかな。
















もっといっぱい撮ったんですけど、Facebookとmixiの方に載せたので、ご興味ある方はそちらで見て下さいな。

で、見てて思ったんだけど、こういうアンティーク雑貨って多くの人にとってはある意味どうでもよくて、むしろゴミとかに類するものかもしれないんだけど、その価値を見いだせる人にとっては、他に代え難いお宝である場合もあったりして、とっても面白いですよね。
たぶん、多くの人も人生も、たぶん他人にとってはどうでもよくて、ある意味無駄ってことになるのかもしれないけれど、必要とする人にとっては、それこそ無くてはならないものであったりする。
私も・・・いまだ生きてる意味がよくわからなくなったりするけど、なんかそういう、ほんの一部でもいいから、誰かにとって必要とされる、価値を見出してもらえるような人生を送るのもいいのかなぁ、って思ったりするけど、私のことを必要とする人って、誰なんだろうなぁ・・・って思うな。まだ。
それこそ、アンティークのように、古ぼけて年取ってからわかるものなのかもしれない。


20120526keirin01.jpgちなみに、この東京蚤の市が行なわれていた京王閣ってのは競輪場で、初めて入ってみたんですけど、競輪レースやってたのに、スタンドには観客が誰もいなかった。
こんなにきれいなところなのに、イベントをやってるからなのか、とも思ったけど、だったらレースやってないはずだし、レースをやっているのに、チケット売り場とかみんな閉まってて、それはどういう仕組みなんだろう、って思った。


20120526keirin02.jpgそれにレースの方法もよくわからなくて、位置取りだけ何周か走ったら、本当のレースになる部分は一周で終わっちゃうっていう、よくわからない仕組みで。
でも、それゆえに真相が知りたいなーって興味が出てきてしまいました。
今度はこの場所に競輪を見に来よう、って思った。





やっぱ人生はギャンブルっすよ。




ある意味世紀の一大イベント、ってノリだったんですが、終わった後に職場の方から「でも金環日食って、毎年世界のどこかで見られるんですよね」って一言をいただきました。ええ、確かにそうです。毎年っていうわけでもないですけど、世界中たどっていくとそれなりに頻繁に見られます。
でも、旅行も何もせずに自分が普通にいる場所で見られるのって、生涯に一度あるかないか。現に東京では次は300年後とかなんですから。

20120514本.jpgということで、待ち望んでいた私は、写真を撮るべく、でもコンデジ用の遮光板なんてないしと思いつつ、こんな「日食観察用プレート」という遮光板が付いている本が発売されていることを調べて、amazonで一週間前にゲット。ちなみに500円の定価の本。再度amazonで2日くらい前に見ると売り切れてて中古品が1500円の値が付けられていました。

そう、今回日食の観察にあたってはさんざん「肉眼で見てはいけません」とか、「日食用グラスを買いましょう」なんて言われてて、今迄ってそんなに日食グラス買えって言ってたっけなぁ?って思ったんだけど、実際、この日食の話って一年前くらいからメーカーさんは日食グラスを企画してて、結構当て込みつつ、そんなに盛り上がってないのにいろんなメーカーが参入して作りまくってました。で、それを売るためかどうか、いつからかマスゴミが「日食グラスを使いましょう」なんてしきりに言い始めてたんだけど、それって、そういうメーカーさんから圧力なのか何なのかがかかった結果があるんじゃないかと思えました。
で、あげくには「遮光性能が危険なものもあるから気をつけましょう」とか、なんか煽っておいてそういうのって・・・って思っちゃいましたね。
まぁそれはともかく。
前々日くらいから、どこで観察するのがいいのか、ってのを調べながら通勤し、とりあえず東の方向に開けていて、あんまり人もいなさそうな場所を選定。
当日の天気を気にしつつ、でも天気には逆らえないし、ずいぶん前から雨の予報もあったんで、「晴れればラッキーだ」くらいに思ってました。

20120521satsuei2.JPGで、当日は朝5時起床。思ったより晴れてんじゃーん、と思いつつ、お風呂に入ってから、徐々に曇りつつある空を眺めながら、「えー、もうちょっともってくれよー。」と思いながら、いざ早めの出勤・・・というか、観察ポイントへ。・・・行く途中に、代々木公園の歩道橋とかでもすでに観察してる人がいっぱいいて、「そんなことになるんだー」と思って、自分の選んだ観察ポイントでも驚きました。普段はほとんど人通りのないその通りに、すでに待ちかまえている人がいる。
まぁ自分が思うんだから、他の人も思ってかもしれませんね。
選定したのは青山霊園外人墓地近くの通り。桜の写真の時もここで桜並木を撮りましたが、前が開けていて、通ってると六本木ヒルズや東京タワーのてっぺんも見える。そしてこの日の太陽はミッドタウンの上に見えるという、なかなか良い場所です。
おそらく、カメラが良ければそのミッドタウンと合わせてとれたかもしれませんが、そんな性能のカメラはもっていない・・・。

道路の邪魔にならないように、広めの歩道の端っこにバイクを停めて、三脚を取り出し、観察と撮影を開始。
この時7時15分くらい。
金環の最大時間が東京では7時34分とのことだったので、ちょっとだけ早く来て練習も兼ねて撮影。

20120521nisshoku2.jpg




















20120521nisshoku1.jpg



















20120521nisshoku3.jpg



















という、だんだん三日月型になりつつある太陽を撮りつつも、実は雲がだいぶ出てきていて、遮光板で隠すとよく見えない状況に。さらに、後悔したのが、遮光板をちゃんとカメラのレンズに取り付けるように加工すればよかったのに、手で隠せばなんとなかなるかな、と思ってたのですが、コンデジのレンズって、意外にグラグラしてて、手で覆いをつけると、結構ブレができてしまうってこと。
やっぱ良いカメラが欲しいなぁ、と思ったけど、そんなもの買ってる余裕はありません。。。

なんて、思いつつ、ついにその時を迎えました。

20120521kinkanshoku3.jpgちょっとぶれてますけど、まさに金色のリング!
金環食です!!

















さらにブレが面白い効果を生み出してこんな写真も。
20120521kinkanshoku1.jpgなんかゴールドのデザインリングみたいなのになってて、かっこいい。


















20120521kinkanshoku2.jpgこちらは二重リングに見える!!



















という、面白い写真が撮れてたんですが、実際に、かなり瞬間瞬間で雲の切れ間から見えてたので、写真撮ってるの相当焦ってました。

20120521satsuei.JPGなお、金環食時に遮光板なしでコンデジで景色込みで太陽を撮るとこんな感じです。
普通に逆行の景色写真・・・。

















そう。金環日食って、想像してたより全然明るかったんです。その太陽に隠れる月との割合が、だいぶ月が小さい時ってのもあったと思うんですが、想像してたのは、太陽だけじゃなくて景色全体が夕暮れみたいにもっと黄金色になるんかなぁ、なんてイメージを持ってたんですが、ほんのちょっと光り弱まったかな、程度で、それも曇ってるから雲のせいじゃない?っていうくらいの感じで、お外は全然明るかったんです。
ホント、太陽の光って偉大。

20120521nisshoku4.jpg



















そんなこんなで、リング状から解き放たれた太陽はまた元に戻っていくのでした。
というのを、撮ってる時間はあまりなく、出勤時間が近づいているので、三脚を片付け、撮影場所を離れたのでありました。

終わってみればなんてことはなかった、という感じもありましたが、やはり世紀の天体ショー。
この目で見れて良かったなー、と思いました。
太陽を肉眼で見ちゃいけませんって言うけど、ある程度この目に焼き付けておくってのは、やっぱ大切。(いや、そりゃ人にもよるとは思うけど。)
写真撮ってましたけど、遮光板とカメラと、そして自分の目とで見ながら堪能いたしました。

次、北海道では18年後の2030年にあるらしいんですが、人生に余裕があれば行って見たいな、と思いました。
今日はらん太5歳の誕生日でした。

20120510runta01.jpg



















相変わらずかわいいのですが、5歳と言えば人間でいうところの40歳から50歳くらいなのです。もういいおっさんです。
ちょっと最近、耳のところのハゲちゃんが大きくなりつつあるので、来週、病院に連れて行こうかと思います。
前に行ったときは特に病気じゃないって話だったんですが、その後直らず、また増えつつあるのでちょっと心配です。

でも、年を取りつつあるとはいえ、いまだに食べ物に対する執念は強く、ことあるごとに食べ物をおねだりします。
いつまでも食べ物に関しては"乱"太のまま。話を聞くと、だいたい年相応に落ち着いていくということなんですが、この子は落ち着く気配を見せません。

でも元気で何よりです。

今日は私もお休みだったので一日一緒にのんびり・・・ともいかなかったのですが、できる限り一緒に過ごしてました。

20120510runta04.jpg


































自慢のお部屋もきれいにして、満足してくれたはず。
足腰強いのも自慢なのか、何かあるとすぐ立ち上がります(笑)
これからも癒しの存在であり続けてほしいです。

mixiやFacebookにアルバム載っけてありますので、見られる人はどうぞ。
ちなみに、mixiの方とか、500枚くらい今まで写真を載せてあって、飼い始めの頃に比べると最近はペース落ちたなぁとか思われるかもしれませんが、まぁ同じような写真しか撮れなくなってはいるので、アップはだんだんしなくなってます。
でも今でも毎月100枚近くは撮ってると思うし、今までトータルすると、たぶんらん太の写真は1万枚くらいあるんじゃないかと思います。
溺愛し過ぎですね(笑)

20120510runta07.jpg