2013年11月アーカイブ

情報アクセシビリティ・フォーラム(http://www.jfd.or.jp/iaf/)が終わった。
始まる前は周りでも特に関心が高くなく、大コケするんじゃないかと心配したが、蓋を開けてみれば盛況で、無事盛大なイベントとして終えられた、という感じであった。
要は私の周りではまだ関心が低いというだけで、世間ではそれなりに関心を持ってる人、特に当事者も多かった。来場者も各地から来ていたので、それこそ今後各地でこういうイベントが開かれたりするのも良いのかもしれない、と思った。
まぁイベントの運営については言いたいことはめちゃくちゃあるのだけれど、それは置いておきましょう。

個人的には、久しぶりに会えたりする人も多くて、去年の全国ろうあ者大会の時にも思ったけど、やっぱ長年この業界(というのか?)にいて良かったな、とは思えた。
いや、それは別にこの業界に限ったことではないのだけれど、継続して同じ世界にいることで、愛想も人付き合いも悪い私にも知り合いも増え、大同小異で仲間と言える人たちが集う場にいられるというのは悪いものではない、と思った。

それにしても。
手話や聞こえない人に関わったところにいるとは言っても、ただそれだけで、私の人生は放浪しまくりなので、久しぶりに会う人の多くから「今、何やってんの?」とか「あ、今はこの会社にいるんだ」とか言われる始末なのはどうしたものかと。
確かに仕事とか、結婚してるしてないとか、その時その時で立場がころころ変わってる変な人ですからねぇ。
常に一緒にいないと、何やってる人なのかまったくわからない。そういう人になっている。そもそもそういうキャラだったっけ?

昨夜はおうし座南流星群という聞き慣れない流星群が見えるとかで、夜、ほんのちょっと5分くらいだけ、夜空を見上げてみた。
遅い時間の空気は澄んでいて、東向きの空には妙に明るい星も見えていた。
が、流れ星は一つも見えなかった。
でも、見上げていると、飛行機が飛んできた。
流れ星にくらべると、それはともてゆっくり、ゆっくり、西から東の空に飛んでいく。
「あー、あのくらいゆっくりだったら、いくつもの願い事を3回繰り返して言えるのにな。」って思った。
でも、私が願ったのはたった一つの事だ。
それは、多くのことは努力によって叶うと思えるけど、それだけは、たぶん自分の力だけではどうしようもないこと。
本当に叶うといいのだけど。