「適当」ですから

情報アクセシビリティ・フォーラム(http://www.jfd.or.jp/iaf/)が終わった。
始まる前は周りでも特に関心が高くなく、大コケするんじゃないかと心配したが、蓋を開けてみれば盛況で、無事盛大なイベントとして終えられた、という感じであった。
要は私の周りではまだ関心が低いというだけで、世間ではそれなりに関心を持ってる人、特に当事者も多かった。来場者も各地から来ていたので、それこそ今後各地でこういうイベントが開かれたりするのも良いのかもしれない、と思った。
まぁイベントの運営については言いたいことはめちゃくちゃあるのだけれど、それは置いておきましょう。

個人的には、久しぶりに会えたりする人も多くて、去年の全国ろうあ者大会の時にも思ったけど、やっぱ長年この業界(というのか?)にいて良かったな、とは思えた。
いや、それは別にこの業界に限ったことではないのだけれど、継続して同じ世界にいることで、愛想も人付き合いも悪い私にも知り合いも増え、大同小異で仲間と言える人たちが集う場にいられるというのは悪いものではない、と思った。

それにしても。
手話や聞こえない人に関わったところにいるとは言っても、ただそれだけで、私の人生は放浪しまくりなので、久しぶりに会う人の多くから「今、何やってんの?」とか「あ、今はこの会社にいるんだ」とか言われる始末なのはどうしたものかと。
確かに仕事とか、結婚してるしてないとか、その時その時で立場がころころ変わってる変な人ですからねぇ。
常に一緒にいないと、何やってる人なのかまったくわからない。そういう人になっている。そもそもそういうキャラだったっけ?

だったよね。
たぶん、高専行ったときから。

前々から「変わった人だ」と言われることも多かったけど、それは性格面で一言言わなきゃ済まないところだったりする面を指して言われてると思ってて、当人いたって真面目に、ごくごく普通に生きてるつもり、というか、真面目に生きたかったんですけど、なぜかこれまでの流れを見てみると、真面目に生きてはいないよなー、って思える。

それもこれも根性がないせいでしょうね。

いや、ここ1ヶ月くらいも、特に何があったわけでもないのにちょっと精神的にまいってて、「あー、人生から逃げてー」って常に思ってた。10億円のBIGが当たったら即座に仕事止めて、一生寝て過ごしたいなー、とか。そんなものが当たるはずもないんだけど。
でも、正直、また鬱になるんじゃないかと思うくらいになぜか落ち込んでて、ちょっと自分のコントロールも見失い、自慢の集中力も失くして、凡人以下の能力で仕事してたもんで、さらにそれが「あー、仕事捗らねー。ダメなヤツ過ぎる-」って自己嫌悪に陥り、ますます落ち込むという負のスパイラルだった。
それをとりあえずイベントで、ガッと上げちゃったんで、上げれば落ちるの法則通り、この後が怖いんだけど、しばらくはコントロール付くまで、あまり精魂尽きないようにしたいなー、とか思ってる。

前にも書いたけど、世のため人のために働きたいというか、世の中がちょっとでも良くなるように動きたいなー、とは思ってるんだけど、正直、人から褒められるほどやりたくないし、あまりやり過ぎて重荷を背負うのも面倒だし、とか思ってしまうんですね。あと飽きっぽいんで、長続きさせるの苦手だし。
こういう考えでどこが真面目に生きたいと思ってるんだか? ってツッコミはあるんですけど、でもね。世のため人のためになる人が、全員偉大な人になる必要もないし、なっちゃダメだとも思うんですよ。
だって、そういう人って、まあ時によっては憧れてそういう人になりたいって頑張る事もあるとは思うけど、でも、一般的に「あの人はスゴイ人だからできるんだよねー」って、敬して遠ざけられるみたいなところってあるじゃないですか。そういう「私にはできない」って思わせる人ばかりだと、一部の世の中は良くなっても、全体的に良くならないんじゃないかって。みんながみんな前向きに頑張れるわけではない。
それだったら、「あぁ、あの人でも出来てるんだから、私にも出来るよね」程度の善行を行なうレベルの人がいて、それに従ってちょっとずつ善行を行なう人が増えると、なんか全体的に良くなるんじゃないかと思って。こんなダメダメなんだけど、ちょっと良いことしてます、みたいな人生の見せ方できないかなー、なんてわけわからないこと思うわけなのです。

いや、そもそも善行を積みたいのかすらあやしいンですけど。
今日も当たらないとわかってても「当たったらきっと無為にボーッと過ごしてやる」って思って年末ジャンボ買っちゃったし。

なので、年を重ねるごとに立派な、いい大人になっていきたくはありましたけど、年齢だけはいつのまにかいい大人なんだけど、もうそうなってないし、きっと今後も安定した立派な大人になることは見込めないので、これからも日々適当に、その日暮らしで、たまに良いことする、みたいな人生を送ろうかな、と思った42の誕生日でした。
って、もう24時回って、昨日だよ。

でもね。今は気分的に落っこってるからこんな風に思ってますけど、猪ですから、ある日突然また思い立って、違った立場になってるかもしれませんけどね(笑)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「適当」ですから

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.zyoya.com/zlog/mt-tb.cgi/130

コメントする

このブログ記事について

このページは、zyoyatakuが2013年11月26日 00:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ねがいごと」です。

次のブログ記事は「そろそろ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0