2017年1月アーカイブ

2017年、平成29年になってもう20日が過ぎましたが、こちらのBLOGはあけましておめでとうございます。
今年は執筆活動ももっと増やして行こうと思います、ということで、これまでのあれこれも隙を見てFacebook(https://www.facebook.com/taku.honzyoya)からこちらのBLOGに、、、と言いながらやるやる詐欺になりそうなんで、まあ少なくとも1ヶ月に1回くらいは何か書こうかなというつもりで。
まあ、Facebook見られる人はそちらも見てってことなんですが。

さて先日Facebookで「一平ちゃんショートケーキ味」の食レポ的なものを載せてみましたが、バレンタインデーも近くなり、そういうゲテモノ第2弾が噂になっていたので、再び食してみました。
『ペヤング チョコレートやきそば ギリ』
20170122_01.JPG

かつては義理チョコを30個くらいもらっていた輝かしい(?)過去をもつこの私ですが、もはやここ10年くらいは義理でさえゼロに近い、いや近いって言うかゼロな状況に陥っているので自ら買いました。当然です。
まあこの時期お菓子売場がバレンタイン一色になってても平然とチョコ菓子を買う私なので特に問題はないのですが、やっぱりこのパッケージには何かもの悲しさを感じます。
ちなみに、一平ちゃんの方もショートケーキ味に続いてチョコソース味が出ているという情報もあるのですが、ショートケーキ味がまず過ぎるという噂も出回ったせいであちこちに未だショートケーキ味が残っている有様なので近場のコンビニはみな及び腰になってしまったのか、一平ちゃんの方は仕入れている店舗を見つけることができませんでした。
じゃあペヤングだったら売れ残りそうなものを新たに仕入れてもいいのか?って思いましたが。




開封し、具材を取り出します。
20170122_02.JPG
取り出して見てみただけでは普通のカップ焼きそばです。色とかからも違いはわかりませんし、ソースの袋にも「チョコソース」であるとも何とも書いていません。それどころか普通に「やきそばソース」って書いてあります。予算の都合上、あらためて作るほどのものでもなかったのかもしれませんが、
パッケージも説明もまったく見ずに作ったら本当に普通のカップ焼きそばだと認識すると思います。
何も考えずに作る人もいると思うので危険な気がします。






お湯を入れ、3分待ち、湯切りしてソースとかやくをかけた出来上がりの状態。
20170122_03.JPG
この状態を見ても、何も言われなかったら普通のカップ焼きそばです。色とかも普通のソ
ースがかかってるように見えます。ショートケーキ味の時とはまったく違います。
「カップ焼きそば出来たよ」とか言って渡されたら、そう思って食べます。
きっと。
匂いをかぐまでは。











試しにらん太の前に置いてみます。匂いが甘いので、らん太は興味津々になりました。20170122_04.JPG
眠い時間のくせに
、ショートケーキ味の時より匂いが強いので反応は早かったです。相変わらず食い意地ははっています。
でも、ごめん。お前にはやれん。

ということで食べてみましたが。
、、、
ハッキリ言って不味い。
ショートケーキ味の時には食い物としてアリだと判断しましたが、これはナシです。
正直、麺とチョコ、全然合いません。
食って食えなくはないですが、明らかに「不味いもん食ってるなあ」という気分になります。
ダメです。こんなの義理でも渡したら。
この記事を読んだ後に渡された人がいたら、それは義理で少しでも愛情をもらってるのではなく、明らかに嫌がらせされてるのだと思った方がいいです。っていうくらいです。
と書いて、なんか大量に送られてきたら嫌なので送ってくるのは勘弁して下さい。

20170122_05.JPG
さて、
少しは改良できないかと思い、ショートケーキ味の時にも甘みを足してみようって思ってバナナを入れてかなり正解だったので、今回も甘みを足してみます。
ちょうどバレンタインの時期なので、そうしたトッピング材料には事欠きません。
、、、
目論見は外れました。
どうやっても不味いです。
甘さを足しても、そもそも麺と合ってないので、麺と一緒になった時点で「あー、これじゃない」感が口の中に広がります。
麦チョコを足したのは、食感として香ばしさが増すかと思ってやってみたのですが、ダメでした。
いや、これももうちょっと粒の小さい麦チョコを想定していたのですが、かなり大きかったので食べづらくなりました。
救いようのない食べ物が出来上がることになってしまいました。
残念至極です。




口直しにこれ食べてみましたが、もはや何食ってるかわからない状態にはまりました。
20170122_06.JPG
(※混ぜてはいません。焼きそば食った後に食べたんですが、もはや口の中に不味い感じが残ってて。)
「至福の味」というパッケージの言葉に申し訳なさがいっぱいになります。

ショートケーキ味と比べて何が違ったのか。
考えてみると、クリームはそれそもののの主張は控えめでいろんなものと合わせられるの対し、チョコはそれ単体は美味いけど相性によって合う物が少ないということなのではないかと。個性が強くて引き立て役には回れないという存在なのではないかと思いました。
ヘタすると引き立てるどころ周りのものの美味しさを削ってしまう。
その特性が今回は大きく出てしまったんだろうなと思います。
私自身も、常々クリームのようになれればと思いつつ、実はチョコだったりすることが多々あるなあと反省する次第です。

ということなんですが、相性によってはチョコも美味しいんです。っていうか、お菓子だったら美味しさの相乗効果を出してる物はいっぱいあるのですから、ペヤングのやつは麺との相性が悪いんですが、もしかしたら一平ちゃんの方は去年発売して不評をかっての第2弾ということなので、ちょっとは美味しくなるように麺から研究開発されていないのだろうか? と期待を寄せてみたいものです。
ゲテモノ食レポはもう止めようと思ったのですが、一平ちゃんチョコソース味を見かけた方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。