zyoyataku: 2015年10月アーカイブ

以前は「誰とどこでどんな場面でどんな話をしたか?」というのを、はっきりとそれこそ動画を記録してるように覚えておくことが出来てて、決して同じ人に同じ話はしない、ということが出来ていたのだが、さすがにここ何年かはそういう完璧なことはできなくなってて、「この話をこの人にしたはずだけど、いつどこでしたっけ?」とか、「この人と話をしたはずだけど何の話したっけ?」というように、話の内容は思い出せるけど場面(映像)が思い出せない、とか、場面(映像)は出てくるけど話の内容が思い出せないとか、そういうことがちょくちょく起こってきている。
でもこういう忘れ方をするこの脳の構造として、映像としての記憶と言語分野の記憶のつながりがうまく結びつけらないか、あるいはどっちか忘れやすくなってるのかなあって思える。
そうすると、手話で話をした場合には、映像の方が思い出せればその内容も思い出せそうなもんなのだが、どうも事はそう簡単ではないらしい。
本来なら今日は「第40回雑居まつり」が華々しく行われるはずだったのだが、あいにくの雨により明日、10月12日(月・祝)に延期になってしまった。
6時頃に結構降っていたこともあり延期の判断が妙に早かったのだが、明日が確実に晴れそうだということや、気温も上がりそうにない雨の中やって体調を崩す危険を冒すよりは明日、ということだったのだろうが、かつてのお祭りムードでえいやって凌いできたというか、勢い付けてやってきたことを考えると、事務局の方もだんだんと年を重ねて現実的な判断を下すようになってきたんじゃないかと思える。こういうところにもある種の高齢化問題を感じる私は変だろうか?
現実的な判断が悪いという気はないし、まぁ40回目という記念すべき回でもあるし気持ち良くやりたかったと思えば判断はとても適切だった。
ただ、お祭りのノリという点であの素早い判断がなんとなく釈然としない感じもしてしまった。まあ今日雨の中でやったらそれはそれで不満言ってたと思うけど(笑)
頑張って明日、盛り上げよう。

ということで、明日(10月12日)、梅ヶ丘の羽根木公園で「第40回雑居まつり」、10時から開催されますので、お暇のある方は遊びに来てください。